Operation H.E.A.D.S

ホーム > Operation H.E.A.D.S

Operation H.E.A.D.S

HEADSでしか体感できない
新感覚ゲーム

それが

Operation H.E.A.D.Sです!!

HEADSがサバゲーで最も重要視するのは
チーム内での円滑かつ、突出した
コミュニケーション力です。

その訓練、そしてゲームでの技術向上のために
開発したゲームを、皆様にご案内します。

チームメンバーと作戦会議を行い、
交流を深めるのも目的の一つです。
実際の戦闘では身振り手振りや
コールサイン・ハンドサインを駆使して
勝利を目指し、他では味わえない
一体感を生み出します。

是非一度、このOperation H.E.A.D.Sを
当フィールドで体感してみてください!

ゲーム考案:店長
協力:H.E.A.D.S川越
2019.1~施行

ゲーム内容

◆Operation H.E.A.D.S【殲滅】

最大の特徴として「ポイントマン」という
役職を作り、そのプレイヤーを中心にして
ゲームが進行。

プレイヤー全員にその役割を担う可能性があります。
このゲームは、素人玄人は関係なく、チーム内の
メンバーにそれぞれの役割分担を設け、勝利条件をめざし
全員が「チーム」を意識して戦闘を行います。
特に作戦会議が必要となってくるため
個々の技術以上に求められるものがあります。
勝利のカギとなるのは、
コミュニケーションです。

====== Rule ======


<構成>
・ひとチーム3~10人(4チームまで戦闘可能)

・チーム編成
チーム内から「ポイントマン」を一人選出します。
このポイントマンは主に索敵や進行方向の決定
チームへの注意喚起などを行います。

・チームメンバー
ポイントマン以外のメンバーは進行方向に対しで
自分の危機管理・守備を行う範囲をそれぞれ決めます。
チームメンバーが全方位を
それぞれに担当し、カバーを行います。

・殿(しんがり)
このメンバーの役割は後方のカバー
また、前を進攻しているポイントマンへ
今チームメンバーがどのように展開しているか
そして一番大きな視野で索敵します。


<接敵>
・敵を発見した
チームメンバーが接敵した場合
敵を目視したポイントマンもしくはメンバーは
進行方向を時計の「12時」と仮定し
敵の方向を教えるとともに
「コンタクト!!」と接敵をしらせます。

<交戦>

・お互いにカバーしあいつつ、交戦を行います。
この時、チームメンバーがあまりにも離れている場合
または接近しすぎている場合は作戦遂行は困難になります。
互いに声を掛け合い、チームとしてより
確実な・より有利な交戦を目指します。

・ポイントマン、メンバーそれぞれヒット後
レギュレーション通り弾に当たってしまった場合
以下の通りに動きます。

ポイントマン
=殿としてその場でリスポン、戦闘を続けます。

メンバー
=通常通りヒット【殲滅】戦ではそのままフィールドアウト。

殿
=チームメンバーへ変更となります。
その視点を生かし、手薄な方向をカバーします。

そして、チームメンバーから一人が
新たにポイントマンとなり、作戦を続行します。
この【殲滅】の場合、最終的に
ポイントマン要因が0になった場合敗北となります。


勝利条件:敵ポイントマンの殲滅
敗北条件:メンバーの全滅(ポイントマン移行が行えない為)
制限時間10~15分

その他

ゲーム内容は随時ブラシュアップしています。
Operation H.E.A.D.Sは参加者に皆様よって
その内容が変化します。
そして多数のゲームルールをご用意中!

今回ご案内している【殲滅】以外にも
【メディック】・【カウンター】・【攻防】・【警護】
など、様々なゲームをこのOperationを
ベースに行っていきます。
お問い合わせ
トップにもどる