レギュレーション

ホーム > 定例会 > レギュレーション

《まずはじめに》

当フィールドをご利用に際し以下の
レギュレーションをお守り頂けないお客様に対して
ご退出また以降のご利用をご遠慮頂く場合がございます。

皆様に楽しく・気持ちよくゲームを行っていく為に
ご理解・ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

◆施設をご利用にあたり◆

当施設内では以下のことにご注意の上ご利用願います。
・施設はキレイにご利用ください。
・ゴミの分別にご協力ください。
・破損や故障などはスタッフに必ずお声掛けください。
・危険な行動は避けてください。
・装備品を着用のまま施設の外に出ないでください。
・銃はむき出しのまま持ち運ばないようお願いします。

その他、ご不明な点等はスタッフまで!


◆定例会でのマナー◆

セーフティーエリアでは以下の事を遵守してください。
・銃の安全管理の為下記の5つを徹底。
①セーフティをかけ、目視で都度確認する。
②マガジンを装填しない、挿れたままフィールドアウトしない。
③トリガーには必要以上指をかけない。
④空撃ちは行わない。
⑤弾抜き(チャンバークリア)を必ず行う。

・おタバコは所定の喫煙所で。
電子タバコやベープなど煙の出るものに関しては喫煙所をご利用下さい。
セーフティエリア中央と、奥お手洗い横物置の脇に2箇所ございます。

・飲酒はNGです。
飲酒をされた状態でお車の運転が出来ないことと同じく、
単純に危険な行為です。飲酒の程度に関わらず、ご退場または
プレイ出来ない措置をとります。

・キャットウォーク、観覧席ゴーグルの着用は必須です。
特にキャットウォークはフィールド内となりますので
必ずご着用の上お進みください。
銃はお席、または観覧席ガンラックにおいてからご利用ください。
外せる装備品は外して、キャットウォークをご利用ください。
ひっかける・落とす・ぶつかる・・・などトラブルの原因となります。

・その他
スタッフも随時巡回しておりますが、
それでもお客様側で気になったことがございましたら
なんなりとお申し付けください。

・暴力団関係者や運営妨害を行う方、注意喚起や
安全管理の指示などに従っていただけない場合は
当フィールドからの退場をお願いする場合があります。
あらかじめご了承ください。

・駐車場利用に関して
駐車場が満車となった場合、比較的近くに
お停めいただける場所がございますが、
必ずスタッフに声をかけて頂く、もしくは
誘導に従ってのご駐車をお願い致します。


・外国籍のお客様へ
HEADS川越をご利用の際、基本的には、日本語でのご対応となります。
レギュレーションや、セーフティエリア使用時のマナー、フィールドでのマナーなどご理解いただけない場合にはご利用を中止していただく場合もございます。
これは日本人のお客様でも同じことですので、あらかじめご了承ください。
特に、レギュレーション違反や暴言については厳しく対応いたします。

To overseas customers.

HEADS Kawagoe will basically guide you in Japanese.

If you do not understand our rules, how to use the rest area, and violations of the rules in the gaming area, we will ask you to move out.

This regulation is the same for both Japanese and foreign customers.

In particular, we will take strict measures against regulatory violations and words that make others uncomfortable.

Thank you very much.



●免責事項
施設内において、
事故、盗難、怪我、それに伴う損害、
お客様同士のトラブルに関しては
一切の責任を負わないものとします。
問題が起こってしまった場合は必ずスタッフに声をかけてください。

☆レギュレーション

弾速と使用可能な弾の種類

・バイオBB弾のみ使用可能
BB弾の重さは電動ガンで0.28gまで。
・ボルトアクションの場合、J規制以内であれば上限はありませんが必ずご相談ください。
・主催定例会での弾数の制限はありません。

初速のレギュレーションは以下の通りです。

【バイオBB弾、直径6mmの場合】
0.2g 98m/s未満
0.23g92m/s未満
0.25g87m/s未満
0.28g82m/s未満

以下はボルトアクションのみ
0.3 0 g→7 9 m/ s未満
0 .  4 0 g→6 4 m/ s未満

このような計算表もあります。
参考にして安全にご運用ください。

もし違法なものと判断し、悪質であった場合は、ご退場のうえ即時警察に通報します。
既製品が未改造のまま初速をオーバーした場合には当日一日お預かりいたします。
また、弾速チェック後に故障等以外でのスプリング等の交換も絶対に禁止です。
もしそのような方は居ましたら、スタッフまでお願います。


ゴーグル
入場から退場まで、決して外さぬようお願いします
ご利用にあたっては、
①割れないもの
②隙間のないもの
③ずれないもの
に限ります。
またシューティンググラスタイプも使用できます。
フィールド様によっては「ひも付き」「フェイスガード付き」
であることが使用条件の場合もありますので、
遊びに行く前に必ず確認をお願いいたします。
※フェイスガード推奨

サングラス・10才用のゴーグルは使用不可です。
サバゲーに適した強度が保証されたものをご利用ください。
通販サイトなどで見かけられるゴーグルに関して、
スタッフが直に触診する場合もあります。

↑こちらのタイプのものに多くみられますが、材質の柔らかいものは
BB弾が貫通する事例もあります。

※度の入ったサングラスタイプの場合オーバーグラスや
無料の貸し出し用ゴーグルをご利用いただく場合もあります。
メッシュタイプも利用は可能です。



ヒット判定
・当フィールドは全身ヒット制です。
銃・装備品を含む全身全てが判定内です。
「あれ、当たったかな?」も勿論ヒットです。
・跳弾・誤射・自爆・フレンドリーファイアもヒット判定に入ります。
お守り頂けないと最悪の場合ご退場・ご利用の停止などの措置を設けます。
あらかじめご了承ください。

※フレンドリーファイア(味方撃ち)はヒット者のみに適用
※各判定の説明は必ずMTGで説明しています。
経験者の方だとしても、念のためお聞きくださるようお願いします。



お控え頂きたい射撃
・フィールド内では以下の射撃方法はお控えください。
○射角をつけた『斜め撃ち』
○銃だけ出して撃つ『めくら撃ち』(ブラインドファイア・ショット)
○隙間に銃口を挿しての『隙間撃ち』
○遮蔽物を『乗り越えての射撃』
○あえて狙う『跳弾』

など、悪質とも取れる場合注意喚起いたします。
なお指示に従っていただけない場合、最悪は当日ご退場となります。

※隙間や窓から少しでも距離をとって、弾だけを通して狙うのはOKです。
最悪の運用をした場合、ケガをさせているのはエアガンではなく
取り扱いがまっとうに行えない使用者と判断いたします。

※窓から身を乗り出すような射撃はNGです。
単純に危険を伴うプレイとなります。

撃った弾の行き先、または着弾点が確認できない使用方法は
原則として当フィールドではNGです。

見えないものを撃ってはいけません。



ヒットコール・アピール

・まずはご自身の身の安全を確保してください。
射線を通過しない、物陰から急に飛び出ないなど
ゲーム中のフィールド内通過のは細心の注意を払って移動してください。
余計に痛い思いをしないようにしましょう。

レギュレーション通り当たったかなと思ったら、対戦相手にはっきりわかるよう
「ヒットです!ヒット出ます!!」
などしっかりと意思表示を行い安全に退場口を目指してください。
これを怠るとオーバーキルなどのトラブルの元になります。
サバゲーにおいて今自分がどのような状態であるか、敵味方問わず
伝えられないと、余計に痛い思いをします。



ゾンビ行為・暴言
・ゲームが成り立たず、誰かが不快な思いをします。
直接こちらで確認し、悪質な場合は即時ご退場となります。

お客様間で見かけた場合は装備などで特定しご連絡をしてください。
必ずスタッフを仲介に立て、お客様間でのご指摘のないよう願います。

自分がされて嫌なことを他人にしないように心がけましょう。
コミュニケーションをうまく取るには、相手の心を慮ることが大切です。



無線機など
・「死人に口なし」です。
ヒットされた場合、チームで無線機などご使用の場合はその場で交信を終了してください。
また退場の際味方に「あそこに敵がいるよ」など、進言・指示などしないよう願います。
唯一といっても良い、ヒット後の更新手段は大きな「ヒットコール」です。



フリーズコール・ナイフアタック

NGです。
直接の接触を避け、必ず銃で決着をつけましょう。

その他

◆10禁エアガンのカスタムについて
・当施設では
「発射構造が国内でメーカーから流通しているもの」をご利用ください。
18歳以上用エアガンの初速を落としたデチューンは、
10禁扱いでなく、ジュールが低い18歳以上用エアガンです。
また東京マルイ製の14歳以上用ガスブローバックエアガンは
ガスをパワーソースとするための年齢規制で在ると判断し
内部構造は10禁であることとします。

・内部構造・発射機構に抵触しない範囲でのカスタムはOKです。
例)乾電池からリポバッテリーを使用するようなカスタム

◆冬季のガスブローバックハンドガンの計測
・10月後半から3月前半にかけて気温の低い冬季での
当該製品の計測は省く場合があります。
また、内部カスタムが行われていないハンドガンについても
計測を行わない場合もあります。
ライフル、サブマシンガン、固定スライド、リボルバー
上記は通常通り計測させていただきます。

・Glock、Hi-CAPAなど、サードパーティーから
Co2タンク式マガジンが流通しているものに関しては
マガジンを確認したうえで計測させていただきます。
あらかじめご了承くだいさい。

・リボルバーについて
冬季夏季関わらず弾速の計測対象です。
構造上難しい場合を除いて基本的にはスイングアウト
(シリンダーオープン)の状態でお持ち運び下さい。
ハンマーを押すとガスが噴射されるタイプは
シリンダーのスイングアウトが原則です。
セーフティがかかるものでも同様となります。

◆ゲーム中のシューティングレンジ
・ゲーム中のシューティングレンジの使用はNGです。
・平日の定例会や市街地側半面のみの場合は使用OKです。

◆Co2(タンクが内蔵のタイプ)
・J基準値以下であればご使用可能です。
お取り扱いには十分にご注意ください。


◆グレネード
・ガスタンクを内蔵するタイプ、ばね式、合わせて
クレイモアなどのマインタイプもご利用可能です。
・スローイングするタイプの場合はすべて下投げ厳守です。
・ばね式のタイプでなかなか敵に気が付いてもらえない、
という事例も多くあります。
サバゲーをタクティカルに彩るおしゃれアイテム程度
の裁量でお願いします。
・クレイモアなどのマインタイプのものに関しては
設置し、リモコンなどで起動させる遠隔タイプのみとさせていただきます。
テグスのようなヒモが引かれることによって
起爆するものに関しては使用禁止です。
・一部の発射口からのみ発射されるタイプも利用できますが、正しく説明書を読み
記載された使用方法でご利用ください。

◆使用できるガスパワーソースについて
国内メーカー等にてエアソフトガン用に流通している物のみご利用ください。
中身の成分が同じでも同様に使用用途がエアソフトガンの物のみOKです。
法律上グレーに扱われているものなど、実際流通はありますが、
用途が正しいものを利用し、そもそも疑われないことが重要です。
中身を入れ替えた可能性のあるものはご利用を控えるようお願い致します。
(ガス缶上部注入口にねじきりの在るものなど)
高圧ガスなどもってのほかです。

◆外部ソースのエアガンについて
・外部ソースを銃本体に繋げて使用する銃の取り扱いについて
ご利用いただけます。
Co2については使用できますが、
 自作のエアータンク
 その他炭酸ガス製品
 CO2以外
以上は使用できません。
使用用途が正しいものをお使いください。

バルブ式の気圧調整を行うものについては、弾測後スタッフにより
バルブの固定を行わせていただきます。
(ガス圧の上限が決まっているものに関しては行いません。)

また弾速に関しましても通常の規定よりも
マイナス0.1j以下でご利用いただきます。
使用される方も、他のお客様にとっても安全に
運用するための配慮となります。ご了承ください。
ご確認、またご協力をお願いいたします。

◆外部ソースの場合の初速
0.2g → 86 m/s未満
0.23g→ 79 m/s未満
0.25g→ 78 m/s未満
0.28g→ 72 m/s未満
0.3 g → 65 m/s未満


◆取りづらいマガジンなど
・P90の箱マガジンやM60などのLMG
弾の処理などの関係で手間がかかる場合はパワーソースを切っていただき
銃口にはキャップ(またはグローブなど)つけた状態であれば
マガジンをつけたままセーフティーも持ち込んでいただいても構いません。

◆フルオートショットガン
・ご利用いただけます。

◆電磁弁
・ご利用いただけます。

◆クラウンのスパークリングエアガン

メーカーの推奨の弾の重量の厳守、
また、こちらもメーカー推奨の音火花用の
火薬キャップをご利用であれば、ご利用可能といたします。
本来ですと火気厳禁ですので、あまりにもお客様から
本製品についてのご進言を頂くようであれば、
発火なしの状態に切り替えて頂くことも
あるかもしれませんのでご留意くださいませ。

◆光学機器に関して
・ケイホビー様と合同で行っている「KAWAGOE夜戦会」では
ナイトビジョン・サーモ・IRなどの光学機器のご利用をお控えいただいています。
(装備品としての持ち込みは可。)

・レーザーサイトは実質使用禁止となります。
ペックなどに搭載されているものに関しては持ち込み自体に問題はありません。

・フラッシュライトは使用OKです。
1000ルーメンを超えるものに関しては引火の原因になりえます。
運用については当日スタッフにご質問ください。

※以上は必要に合わせて追記・修正を行います。
当フィールドに限らず、レギュレーションは定期的に
お読みいただくことを推奨しております。
お問い合わせ
トップにもどる